診療時間

スタッフブログ

アイシングについて

アイシングについて

突然の痛みや

なかなか治らない痛み、

原因不明の頭痛や眼精疲労で

お困りではありませんか??

これらはアイシングで解決できるかもしれません!!

アイシングとは

氷と水を8:2で氷のうやビニール袋に入れて

患部に直接当てて熱を吸収し、痛みを取り除く方法です🧊

・突発的な痛み

例 ギックリ腰、捻挫、肉ばなれ、寝違いなど

・慢性的な痛み

例 繰り返す腰痛や肩凝り、膝の痛みなど

・原因がはっきりしない症状

例 頭痛や寝つきの悪さ、めまいなど

痛みのある箇所は筋肉の炎症がおきているため、炎症を抑えることで痛みを取り除くことができます

痛みを取り除く方法としてこのアイシングが効果的です

アイシングの時間は『30分以上連続して肌に直接あてる』ことが大切です

理由として、人間の筋肉の構造は皮膚から筋肉までの間に皮下組織や脂肪がありその下に筋肉があるからです

氷水でアイシングする場合は0℃以下になることはないので、長時間しても低温やけどにはならないので安心してください❗️

⚠️ただし、首の前と胸の部分はアイシングしないようにしてください

首の前を冷やすと免疫力が低下してしまうのと、胸を冷やすと心臓のペースがくずれてしまうことがあるためです

保冷剤は凍傷の恐れがありますので、必ず氷水で行ってください!

また、頭痛や寝つきの悪さは

首から頭にかけて熱が溜まってしまっている事が多く、頭に熱が溜まると脳が活動状態になります

頭の熱がなくなると脳が

リラックスできるようになり

頭痛や寝つきが改善されやすいです

『眼精疲労にもアイシングは有効的』です

スマホ、パソコンなどが長時間になると目に熱が溜まり、熱が溜まると目も疲れやすくなります

なので、アイシングが効果的です

目はまぶたに覆われていて

まぶたは他の皮膚に比べて薄いため、

アイシングの時間は短くて大丈夫です

そのため10分ほどで充分な効果は得られます❗️

ビニール袋でアイシングを行う場合は袋を二重にしていただくと、服が濡れる心配はなくなります。

よくある質問として

Q.湿布や冷えピタ、保冷剤でもいいですか?

A.これらには共通して、冷やす力がほとんどないためアイシングの代わりにはなりません

湿布には炎症を抑える薬品が使われているので23時間程度で外し、その後氷水でアイシングしていただけると問題ないです

氷水の方がいい理由は人間の身体は60%が水分で構成されていて、同じ成分の氷水が熱を吸収しやすいからです🧊

アイシングはご自宅でもケアができるので是非お試しくださいね♪♪

📣当院はご予約優先制です📣

☀️LINEからもご予約お取りできます☀️

  LINEQRコード

86fd3c95-7fe0-4f58-8187-2bd0156a587e.png

平日午前9:0012:30

  午後16:0020:00

木曜日午後は休診です

 土曜日9:0013:00

 ※日曜日、祝日はお休みいただいております。

大阪狭山市金剛1丁目1-1

ショップ南海金剛

TEL/FAX 072-289-6883

#金剛まるまる針灸整骨院 #大阪 #大阪狭山市 #金剛 #健康 #柔道整復師 #鍼灸師 #マッサージ #ストレッチ #鍼灸 #骨格矯正 #産後骨盤矯正 #姿勢矯正 #産後の骨盤矯正 #姿勢改善 #腰痛 #肩こり #自律神経#膝の痛み #頭痛 #猫背矯正 #不眠症 #むくみ #眼精疲労 #金剛まるまる #まるまるのある暮らし #○○

お問い合わせ

  • 金剛まるまる針灸整骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒589-0006
大阪府大阪狭山市金剛1-1-1
ショップ南海金剛
アクセス
南海「金剛駅」から徒歩2分
  • LINE